« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »

2012年11月の4件の記事

2012年11月27日

楽しいご苦労さん会!

東北大震災後、被災された方々にコットンビーズの
布ぞうり作りをお教えして現地へ行く事7回。
第1期の皆さんは立派に基本の作り方はマスターして、
色の組み合わせもきれいになり、販売先では大変喜ばれ
ています。
私は10月初めに「ふんばろう東日本支援プロジェクト」
の「手に職・布ぞうりプロジェクト」のリーダーを降り、今は
第2期として新しいリーダーが頑張ってくれています。
(詳しい事は10月13日のブログに書きました)

そこで、サブリーダーとして頑張ってくれていた若い仲間と
二人で、ご苦労さん会をしました。
夜景のキレイな「メルキュールホテル」の19階で
「お互いよく頑張ったわね~ご苦労さん~乾杯~!!」
20121114

思い出話やこれからの仕事の話など、楽しい時間でした。

そして、私へのステキな色の「プリザーブドフラワー」を
プレゼントにもらいました。
思いがけず・・花好きな私にとってはなにより・・・・
「嬉しい~(*゚▽゚*) ありがとう~ o(^▽^)o」
20121115

このアレンジは今、テーブルの上で目を楽しませて
くれています!! 

| | コメント (0)

2012年11月18日

クリスマスプレゼント準備中!

横須賀の洋裁好きな人達のグループ
ソーイングサポート・よこすか」のメンバー達が今、一生懸命
作務衣の上(地方では活動着というそうです)を、縫っています。

支援を通じてお知り合いになった、陸前高田の仮設住宅の女性
20名にクリスマスプレゼントをしよう!!と思っています。
横須賀でのチャリティーバザーでも、着物地で作る作務衣は人気
なのです。
着物は支援してくださったのや、メンバーが寄付した着物は、
そのままちょっと袖だけを直した方が、手間はかかりませんが。。。
一度ほどいて→洗って→それから縫い直しをして作っています。
そうした方が、今度汚れた時にも水洗いができるし、着やすいから
と、心を込めて縫っていいます。

先日の集まりでは、出来上がった一部を袋入れしました。
袋に入れると、とても~素適になりました(^O^)

Dsc01813

太目さんようには、おくみをつけたのが仕上がっていました。
今月末には、クリスマスカードも入れて、送れそうです!!

これは「活動着」というネーミングでも売られていますが
セーターの上にはおってもたっぷりなので Good!
水仕事の時にはエプロンがわりにもなって Good!
そして、暖房費の節約にもなり? Good!
という優れものなのです
私も家で、冬場には愛用しています(*゚▽゚*)

Dsc01814

| | コメント (0)

2012年11月11日

横須賀市医師会災害救護訓練に参加!

10日に「横須賀市医師会災害救護訓練」が開催され
私たちは「けが人役」のボランティアとして参加しました。

今回は、ウエルシティの1階の広場が救護所になりました。
もし、災害時にはこのような救護所が横須賀市内で10ヶ所
できるそうです。
しかし、横須賀市の人口40万強ですから
約4万人に1ヶ所の割合というのは・・・・と考えてしまいました。

  
        1
けが人役の人は、それなりの準備をします。
6

でも・・私は血が苦手なので、写真を撮りましたが~~
小さめです (。-_-。)
4

5_3

外でも準備中です。担架の上には人体が・・・。
2_5
訓練始まりました。

3_3
医師・消防・市役所・事務・と看護学校の生徒が
それぞれに応じて、2回にわけて救護活動をしました。
そして、その結果「トリアージ・タッグ」をけが人に渡されました。
色によって救護の緊急度合いが違うのです。

8

このような訓練が年1回だけではなく、何回か各地で
開催されると良いのにと思い、帰宅しました。

3_2

3

2_4

2_3

2

| | コメント (0)

2012年11月 5日

葛湯のプレゼント!

先日、布ぞうりを教えてあげた方から
「とても楽しく編んでます~これからコタツでもできるので
うれしい~色合わせなど考えるのも老化防止でいいですね!」と
鍵屋良房の「葛湯・玉清水」をいただきました。

Dsc01775_3  Dsc01776_4

そして、お手紙には
「これからの寒い冬に身体が温まりますように~」とありました。

さっそく、急に寒くなった日にお気に入りのマグカップに
熱いお湯をたっぷりと注いて飲んでみました。
お抹茶の香りがほんのりして、温まりました~~~。

Dsc01781_2

ありがとうございました (*゚▽゚*)

Dsc01776

| | コメント (0)

« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »